難語レポーター

日本語テキスト中の難しい語をレポートします。

日本語テキストを張り付けて、「実行」ボタンをクリックください。

 
  画面切り替えには数秒の時間がかかります。


レポートは次の3種です

1.学術度判定

テキスト中でもっとも学術度の高い語を元に学術度を判定します。学術(ac.jpドメイン)限定のWeb検索と、限定なしのWeb検索の比率で学術度を計算しています

2.レア語チェック

IPADICの[形態素生起コスト]をもとにした用語生起コストと、Yahoo!検索件数をもとにしています。

3.テキスト中の使用文字

テキスト中の常用漢字(学年別)、ひらがなの比率などを示します


Perlモジュール"Lingua::NangoReporter"

このツールはPerlモジュールとしても提供しています。(CPANにはありません)
ダウンロード及び使用法は、日本語テキスト中の難しい語をレポート ~ Perlモジュール"Lingua::NangoReporter ~ をご覧下さい。
ドキュメント:
  「難語レポーター」
  4つの自作自然言語処理ツール

「図書系職員のためのアプリケーション開発講習会成果一覧に戻る

Copyright (C) 2012 Akira Maeda All Rights Reserved.


Powered by

IPADIC
言選Web
Wikipedia 「常用漢字一覧」
Google Custom Search API