iGoogleガジェット集

2011年3月の図書館システムリプレイスには未対応です


機能紹介

GoogleのポータルiGoogle上で使用できる、自作のiGoogleガジェット集です。OPAC+リンク集の「東大図書館キット」と、東大版PubMed「CSLS Search」のガジェットがあります。
生命科学系のユーザは「東大図書館キット」と「CSLS Search」を、その他のユーザは「東大図書館キット」を、自分のiGoogleページに設定することにより、文献検索や図書館サービスへのアクセスが容易になります。

iGoogleガジェットとは?
Googleのアカウントを取得し、自分のiGoogleページを作成します。そこに好みのガジェットをセットすることで、自分のページをカスタマイズできるサービスです。
ガジェットの仕様はwebで公開されており、ユーザが開発者でもあります。ガジェット作成後は自分のホームページ等で紹介する他、ガジェットのデータベースに登録し、広く利用に供することも可能です。
複数の図書館がOPACのガジェットを公開するなど、図書館でも活用されています。

ガジェット「東大図書館キット」
東大OPACの検索窓と、東大附属図書館の各種サービスへのリンク集を合体したガジェットです。
OPAC検索窓では、検索キーを入力し「OPAC検索」ボタンをクリックすると、OPACで検索実行します。OPAC画面を別ウィンドウを開いて、検索結果一覧を表示します。
図書館サービスのリンク集では、E-journal portal(電子ジャーナル検索)、GACoS(データベース解説・検索)、ASKサービス(質問受付)、webリクエスト(貸出予約状況確認など)、附属図書館ホームページへのリンクを用意してあります。クリックすると別ウィンドウを開いてそのサイトを表示します。

utlib_kit

ガジェット「CSLS Search」
CSLS Searchの検索窓のガジェットです。
検索窓に検索キーを入力し「検索」ボタンをクリックすると、CSLS Searchで検索実行します。CSLS Searchの画面を別ウィンドウを開いて、検索結果一覧を表示します。
CSLS Search(http://www.csls.c.u-tokyo.ac.jp/csls-search)は、大学院総合文化研究科 生命科学構造化センター(CSLS)が開発したPubMed検索システムです。検索結果をクラスタリングして表示します。
そのほかにもさまざまな機能があり、電子ジャーナルへのリンクボタン表示機能もあります。学内からのアクセスであれば、契約誌の本文にたどり着けます。契約外のものも電子ジャーナルへのリンクボタンを表示し、アブストラクトなど無料の範囲までは利用可能、OpenAccessなら本文まで読める仕組みです。
詳細は、生命科学構造化センターのサイトをご覧ください。
注1:CSLS Search検索結果から電子ジャーナルの本文にアクセスできない場合は、念のためE-journal portalでも検索してみてください。本文にアクセスできる可能性があります。
注2:自宅など学外でCSLS Searchを利用する場合は、CSLS Search検索結果から契約誌の本文を閲覧することはできません。

utlib_kit


設定方法

Googleアカウントの取得

  1. Googleのトップページの右上、「ログイン」をクリックします。
  2. 「Google アカウントをお持ちでない場合 アカウントを作成」をクリックします。
  3. アカウント作成画面が表示されます。 画面に沿って入力すると、Googleアカウントを取得できます。

ガジェットの設定

  1. 設定したいガジェットの「+Google」ボタンをクリックします。

  2. 設定画面が表示されます。「Googleに設定」をクリックすると、iGoogleのログイン画面へ遷移します。
  3. 取得したGoogleアカウントでログインすると、自分のiGoogleページが表示され、指定したガジェットが設定されています。


動作環境

iGoogleが利用可能な環境であれば、このガジェットも使用できます。
ただし、ブラウザによってはきれいに表示されない(文字が全部表示されないなど)の問題が生じる可能性があります。 開発時にはInternet ExplorerとFireFoxで表示確認・修正しました。


作成:2009/2/19 近藤

「図書系のためのアプリケーション開発講習会」成果一覧に 戻る